2020年05月14日

セイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市、小川恭範社長)は長野県に対して、新型コロナウイルス(COVID-19)の 治療にあたる医療機関などで活用してもらうために、フェイスシールド5600枚および医療用マスク10万 枚を来週から順次、無償提供することを決めた。

 

この取り組みは、新型コロナウイルスの感染予防のために同社の国内外拠点向けに配布の準備を始めていたフェ イスシールドについて、長野県内の医療関係者からのニーズの高まりを踏まえ、無償提供することに したもの。

 

また、同社の乾式オフィス製紙機「PaperLab A-8000」に使われているドライファイバーテクノロジーを応 用し、機能繊維からマスクを製造する。

現在、実証実験を行っており、量産は長野県の神林事業所、諏訪 南事業所で5月末から開始予定。

このマスク製造によって社内確保の目途が立ったことか ら、BCP用に購入を予定していた医療用マスクを無償提供することを決めた。

 

 

 

 

企業 話題-関連の記事

PAGE TOP