2020年05月11日

小森コーポレーションは、ドイツのポストプレスメーカーであるMaschinenbau Oppenweiler Binder GmbH & Co. KG(MBO)グループの株式譲渡を完了した。MBOは小森コーポレーションの完全子会社となった。社名もMBO Postpress Solutions GmbHに変更する。
 

 これまで小森コーポレーションは、PESP(Print Engineering Service Provider)事業戦略のもと、周辺機材のラインアップ拡充に努めてきたが、MBOのもつ高精度、高生産性の後加工製品群を同社の販売組織、特に日本を含むアジアで拡販、また”Connected Automation(コネクテッド・オートメーション)”コンセプトのもと、同社のIOTソリューションである”KP-コネクト”とMBOの”DataManager 4.0″の連携により、印刷工程だけでなく、後加工との連携による生産性の向上、自動化・省力化をソリューションの実現など、大きなシナジーが期待できる。
 

 さらに、MBOが推進する”Postpess Alliance”によりポストプレス業界のアライアンスを通じて、ベンダーを超えた標準プラットフォーム化を推進することにより、ソリューションプロバイダーとして印刷業界に貢献していくとしている。
 
 

企業-関連の記事

PAGE TOP