2020年04月27日

日本印刷技術協会(JAGAT、本社・東京都杉並区、塚田司郎会長)は、JAGAT通信教育「印刷技術・基本コース」を全面改訂し、2020年5月に開講する。

 

印刷人として必要な印刷技術全般の基本的知識を学ぶ同コースは、長きにわたり新人・初心者向け人気講座として多数の企業に採用され、毎年多くの受講者が修了してきたが、印刷ビジネスを取り巻く環境が激変する状況下、時代のニーズに対応するため、テキストを最新の印刷入門書『みんなの印刷入門』(B5判オールカラー、128㌻)に変更し、添削課題を刷新し「よくわかる印刷技術・基本コース」として開講する。
同コースの改訂のポイントは①最新の印刷入門書『みんなの印刷入門』に変更②旧版では触れていないデジタル印刷機とその活用法などの新しい必須知識を学ぶ③添削課題の全問題を新問題に改訂――の3点。受講期間は4カ月、受講料(税込)はJAGAT会員が1万8700円、一般が2万4200円。添削課題は4回。
〈カリキュラム》
1、印刷技術基礎1=印刷の方式/オフセット印刷の基礎/ワークフロー
2、印刷技術基礎2=印刷用途に適した方式/デジタル印刷機(インクジェット・トナー)/印刷のワークフローに使用されるフォーマット
3、印刷を支える技術1=書体(フォント)/デザインのワークフロー/組版/光と色/後加工
4、印刷を支える技術2=製本の基本知識/用紙の基本知識
問合先=CS部通信教育係、電話03・3384・3112

 

 

 

 

PAGE TOP