2020年04月24日

凸版印刷(麿秀晴社長)は、AIカメラを活用したサービスで高い技術を保有するAWL(北出宗治社長)をパートナーとし、AIカメラを活用した画像解析による、感染症拡大抑止を目的にした新しいサービスの実証実験を2020年4月24日(金)からトッパン小石川ビル(東京・文京区)で開始する。
実証実験の第1弾として、オフィス入館時のマスク装着/未装着を自動で判定し、未装着の場合は受付にアラートを表示する「マスク装着検出・アラート表示」の実証を実施。これにより、入館時のマスク装着徹底を効率的に行うことが可能になり、従業員や関係者の安全安心な環境整備を目指す。

 

TOPPAN_200424_img1

タブレット端末のカメラで入館時の人物画像を解析し、マスク装着/未装着を検出しているようす

 

新型コロナウイルス感染症の拡大により、人びとの健康や暮らしを支えるために自宅外で働くエッセンシャルワーカーの感染拡大が世界的に問題となっている。
このような問題に対して凸版印刷は、協業しているAWLと共同で、従業員や関係者が安心して働くことのできる環境整備を実現するべく、AIカメラを活用した感染症拡大抑止サービスの実証実験を実施。同実証で得られた知見を元に、企業のオフィスだけでなく、スーパーや薬局など、多くの人の暮らしを支えているさまざまな拠点にサービスを提供することで、従業員の安全安心な労働環境整備、および感染症拡大抑止を支援する。

 

凸版印刷は、同実証で得られた知見をもとに、AIカメラを活用した感染症拡大抑止サービスをさまざまな企業や団体へ向けて、2020年5月を目標に提供開始する。また、サーモグラフィー活用した発熱者検出や、人物間距離計測による密集検知・予測など、サービスをアップデートすることで、より安全安心な労働環境整備、および感染症拡大抑止を支援する。

 

 

 

PAGE TOP