2020年04月22日

キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ㈱(本社・東京都港区、井崎孝社長)は、キヤノンメディカルシステムズ㈱(本社・栃木県大田原市、瀧口登志夫社長)が採用する医療機器製品マニュアル自動化生産システムに枚葉インクジェットプリンター「VarioPrint i300」を追加納入し、印刷品質向上とさらなる生産性の向上を実現させる。

 

キヤノンメディカルシステムズは世界150以上の国や地域に医療機器を提供しており、2万種以上におよぶ小ロット・多品種の医療用機器マニュアルの製作を自社で手掛けている。

平成30年に生産コスト削減と納品リードタイム短縮を図るためにマニュアル生産ワークフローの見直しを行い、キヤノンプロダクションプリンティングシステムズが医療機器製品マニュアルの自動化生産システムとして輪転インクジェットプリンター「ColorStream6700Chroma」や生産管理ソフト、製本システムなどを連携させたシステムを納入。

その結果、生産コストが従来比で約30%減、納品リードタイムも2日短縮している。

 

VarioPrint i300を追加した新たなシステム構成

VarioPrint i300を追加した新たなシステム構成

これらのシステムに加え、今回「VarioPrint i300」を追加することで、従来トナー方式のカット紙プリンターで出力していた月間40万ページの手差しページの印刷と、リプリントジョブを同じシステムに取り込むことが可能になる。

システム全体の生産性を向上するとともに、印刷方式がインクジェット方式に統一され、印刷品質向上を実現する。4月中に設置作業とトレーニングを完了し、6月から本稼働を開始予定。

 

「VarioPrint i300」はインクジェットの特性である高い生産性とすぐれた生産コスト、そしてカット紙ならではのアプリケーションの柔軟性を持った枚葉インクジェットプリンター。

A4両面最大毎分300ページのスピードと、角折れや波打ちなどによってヘッドに触れてしまう可能性のある用紙を印刷前に検出して即座に排出する機構により、汚れや故障の原因を未然に防ぎ、高い生産性を維持することを可能としている。

定期的にノズル抜けチェックシートを印刷し、自動スキャンしてノズル抜けを検知・補正するバックアップ機能を搭載し、ノズル抜けが起きた場合でも両隣のノズルを使用して自動補正することで印刷を継続することが可能。

また、CMYKのプロセスカラーのインクを吐出する前にベースコート剤を印刷面に塗布する「ColorGrip(カラーグリップ)」を搭載し、上質紙からオフセットコート紙まで幅広い用紙に対応する。

この「ColorGrip」は、インクの広がりや走りを抑制することでシャープなディテールで印刷でき、また染み込みを抑制して適正な濃度にすることでコート紙でもインク同士の混色を抑制して濁りのない色を表現することができるようになる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP