2020年04月24日

大洞印刷㈱(大洞正和社長、岐阜県本巣市)は新型コロナウイルスの感染拡大防止に役立つ「ソーシャル・ディスタンスシール」の販売を開始した。同シールは、スーパーやホームセンター、飲食店のレジ前など、順番待ちの待機位置を示すためのフロア用サインシール。フロアに貼るだけで、一人ひとりの間隔を空けることができ、感染拡大防止につなげることができる。

 

丸型

丸型

長方形

長方形


 
丸型タイプと長方形タイプの2種類(それぞれ10枚単位)の既製デザインで販売するほか、オリジナルデザインでの製造も請負っている。素材はユポタック(再剥離タイプ)を使用。片面フルカラー印刷。表面は梨地エンボス調ラミネート加工。裏スリット入り。
※屋外や凸凹が強いフロアには使用できない。
 
 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP