2020年04月21日

中村耀

中村耀会長

日本グラフィックサービス工業会(中村耀会長、ジャグラ)は、6月5日から8日まで高知県で開催予定の2020年・第62回ジャグラ文化典高知大会(中越忠男大会運営委員長・四国地方協議会会長、西村啓大会実行委員長)について、新型コロナウイルス感染症感染拡大を防ぐ観点から中止することを決定した。4月14日付の書面でジャグラ会員に通達した。

 
3月19日に実施した総務委員会では西村啓高知大会実行委員長も同席し、予定どおり開催することを決議したが、その後の感染拡大状況から、総務委員会メンバーの意見を聞いたところ、開催中止または延期という意見が多数を占めたことから、改めて高知の実行委員会と協議した結果、最終的に高知大会の中止を決定した。

 
高知大会中止について、中村ジャグラ会長は会員向けの文書の中で「2月下旬より発生した新型コロナウイルス感染症が全国各地で拡大しており、全国的かつ急速な蔓延を防ぐ観点から大会を中止することを決定しました。(中略)四国地方協議会の皆様、とくに高知県支部の皆様におかれましては高知大会開催に向けて、長期間大会の準備に多大なる熱意と情熱を費やしていただきました。1度は開催する方向で決定したにも関わらず、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大で状況が悪化したため、やむを得ずこのような判断となったことが残念でなりません。四国地方協議会、高知県支部の皆様にはこの場を借りて感謝申し上げます」と地元会員へねぎらいの言葉を送っている。

 
なお、6月6日に高知市のホテル三翠園で開催予定だった第55回定時総会は、書面総会での開催に変更する。

 

 

新型コロナ情報特設ページ開設

 
ジャグラは、このほど、組合ホームページに新型コロナウイルス関連情報をまとめた特設ページを開設した。

 

 

 

PAGE TOP