2020年04月20日

フェイスシールドの装着例

フェイスシールドの装着例

リコーグループでは、新型コロナウイルス感染症の感染者が引き続き拡大する中で、医療現場において必要とされるマスクや防護服などの不足が深刻化している状況を受け、医療現場への支援としてリコー厚木事業所でフェイスシールドの生産を開始する。

3Dプリンターや金型の活用によって、4月中に1000個、5月末までに7000個、あわせて8000個のフェイスシールドを生産し、厚生労働省から感染症指定医療機関として指定されている57の医療機関に対して、順次無償提供する。

 

今回の取り組みは、英国中部の製造・事業開発拠点であるRicoh UK Products Ltd.でフェイスシールドを生産して、同国のNational Health Serviceに提供を始めたことを受けたもの。

現在Ricoh UK Products Ltd.では1週間で4万個の提供を目指して生産に取り組んでいる。

また、リコーグループでは同様の取り組みを世界各地で検討し、展開している。

 

 

 

PAGE TOP