2020年04月14日

 凸版印刷のグループ会社ONE COMPATH(ワン・コンパス)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、新型コロナウイルスの特別対応として、都道府県・市区町村などの自治体や官公庁を対象に、2020年4月8日から5月末まで情報掲載料を無料にする。外出自粛や休校の要請など地域住民に周知したい情報を、スマートフォンなどに届けることができる。
 
 無料の対象となるメニューは「自治体・官公庁向けメニュー」で、通常、自治体や官公庁が広報誌やイベント情報、選挙告知などの住民に向けた情報発信をする際に活用されている。Shufoo!を未導入の自治体や官公庁に対して無料で提供することで、新型コロナウイルス感染拡大に伴う感染者の発生状況や外出自粛のお願い、休校のお知らせなど、住民に向けたさまざまな情報を自治体圏内のShufoo!ユーザーに発信できる。
 

流通小売にはタイムライン機能を無料提供


 
 Shufoo!では、掲載企業・店舗と生活者の絆を繋ぐプラットフォームとして双方を支援するため、流通小売企業等への「Shufoo!タイムライン」を無料提供している。
 写真とテキストによりSNS感覚で店舗情報をリアルタイムに投稿できる「Shufoo!タイムライン」機能を、Shufoo!未導入の流通小売企業を中心に無料で提供。新型コロナウイルス対策による営業時間の変更や商品の入荷状況、生活者支援の取り組みなど、さまざまな情報が店舗周辺のユーザーに発信できる。当初想定していた期間を延長し、申し込み期間は4月30日まで、実施期間は5月31日(日)までを予定。
 
 

PAGE TOP