2020年04月01日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は4月1日から、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。

 

大型造形物の製作は、職人による手作業で発泡材を削り込んで製作するのが主流だった。

しかしそれには長い時間がかかり、長年の経験とノウハウも必要となる。

そこでこの「3DGD-1800」では、3Dデータを使用することで経験やノウハウがなくても大型造形物の製作を可能にしている。

 

3DGD-1800

3DGD-1800

「3DGD-1800」はジェル状の紫外線硬化樹脂を線状に押出し、紫外線によって瞬時に硬化させて積層する「Gel Dispensing Printing」技術を搭載。

熱で樹脂を溶かす熱溶解積層法とは異なり、素早く造形物を作り上げることができる。

この技術により1時間に350㍉の高さで積層できるため、3Dデータがあれば手作業の造形よりもはるかに早い時間で製作でき、製作時間の大幅な短縮ができる。

 

「3DGD-1800」では、造形中にサポート材を必要としないサポートレス造形も実現。

造形物の内部が空洞になる中空構造に対応するので、中に骨組みや補強材を入れられて強度が向上し、立体看板や等身大キャラクターなどへの活用が期待できる。

また、透過性のある材料を使用することで、内部にLEDモジュールなどの光源を入れた内照式サインへの活用も可能。

造形物は白単色となる。

 

その主な特徴は次のとおり。

▽最大高さ1800㍉の造形が可能で、大型サイズの造形が簡単にできる。

▽造形物を組み立てることで造形エリア以上の超大型造形物の製作も可能。

▽2ヘッドで分割パーツを効率良く造形可能。

▽「Gel Dispensing Printing」による1時間に350㍉という圧倒的な造形スピードで積層可能。従来3Dプリンタ(FFF方式)比で3倍の速さで、1.8㍍のフィギュアが7時間で完成する。

▽内部が空洞の中空構造なので軽量で持ち運びしやすく、内部にLEDモジュールを入れて内照式サインにできたり、骨組みやウレタンなどの補強材を入れて強度を向上させることもできる。

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP