2015年06月15日

大日本印刷(DNP)は、タイ国内の飲食業界向けに、タブレット端末を活用し、来店客の利便性と店内業務の効率化を図る「飲食店向け多言語対応セルフオーダーシステム」の本格的な販売を開始する。

 

DNPは、昨年の9月にオーストラリアのe-square solutions Pty. Ltd(ESS)が開発したセルフオーダーシステムをシンガポールの飲食店向けに発売した。東南アジアを含むASEAN地域ではこれまでに50店舗以上に導入され、使いやすく、業務効率の改善に効果的であるとの評価を得ており、店舗によっては人件費3割削減や売上6割増加などの効果が出た例もある。

 

今回DNPは、経済成長の著しい東南アジアでの事業拡大を図るためにESSとの提携エリアを広げ、本システムをタイの飲食店に向け販売する。
「飲食店向け多言語対応セルフオーダーシステム」は、「操作が分かり易い」「見た目が楽しく飽きさせない」「注文時のストレスが少ない」「メニューが分かり易く、短時間でオーダーできる」など、来店客に快適さを提供する。導入店舗にとっては、少ない人員で店舗を運営できるように業務効率を改善できる多言語対応のシステム。

 

来店客は店員を呼び出すことなく、客席に置かれた専用のタブレット端末のガイドに従って、簡単にオーダーができる。注文内容はホールと厨房に設置された各端末に送信されるとともに、レジとも連動しているため、ホールスタッフの作業負荷を大幅に軽減できる。また、迅速なサービス提供と注文・配膳・会計ミスの削減などにつながることから、来店客の満足度の向上を図ることができる。画面表示は英語・中国語・日本語など、導入店舗の要望に合わせて最大6言語に対応する。

 

本システムは、クリエイトエムがタイの大型ショッピングモール「EmQuartier」に出店している高級寿司店「北海丼」に導入された。

 

DNPは、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「環境とエネルギー」「暮らしとモビリティ」を成長領域と位置づけ、「未来のあたりまえ」となる製品やサービス、仕組みを創り出す取り組みを推進している。そのひとつとして、DNPは生活者の利便性向上とともに企業の業績拡大にも貢献するソリューションを提供している。

 

「飲食店向け多言語対応セルフオーダーシステム」の紹介サイト http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10099339_5309.html

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP