2020年03月27日

パンフレット

岸昌洋

岸昌洋理事長

 

北海道印刷工業組合(岸昌洋理事長)は5月29日、札幌市中央区南10条西3丁目の札幌パークホテルで「第32回北海道情報・印刷文化典札幌大会」ならびに「北海道印刷工業組合創立80周年記念事業」を同時開催する。主管は北印工組札幌支部(岸昌洋支部長)。
 

開催に当たって、実行委員長を兼任する岸理事長は「北海道情報・印刷文化典は3年ごとに開催しており、全道の組合員が一堂に会し、直面する課題を討議し、研鑚を重ね、経営基盤の安定強化を図り、親睦を深め、連携をより強固にし、情報技術が変革する中での印刷産業の方向性を見出す契機にしたい。また、北印工組は、昭和15年1月の設立以来、今年で創立80周年を迎え、組合創立80周年記念事業を開催し、偉大な歴史を引き継ぎ、この偉業と伝統を次代に託し、新しい時代にさらなる発展を期す」と意気込みを語るとともに、多くの参加を呼び掛けている。
 

当日は札幌パークホテル3階「パークホールA」で午後2時30分から3時30分まで記念式典、3時45分から5時15分まで記念講演、同「パークホールB・C」で5時30分から7時30分まで記念パーティの3部構成。記念講演では日本銀行札幌支店長の小髙咲氏を講師に招いて、「北海道経済の現状と展望」をテーマに講演する。
 

日本銀行は、わが国の中央銀行として通貨を発行し、人々がその通貨を安心して使えるよう、金融政策の運営や円滑な決済システムの提供などを通じて、「物価の安定」と「金融システムの安定」に努めている。こうした下で、日本銀行本支店では、銀行業務に加え、企業ヒアリングなどを通じて地域の金融経済情勢を丹念に調査している。記念講演では、小髙講師が日本銀行札幌支店の調査活動により得た情報などを踏まえつつ、北海道経済の現状と今後の展望について話す。

記念パーティの会費は1万2000円。
 

翌30日は、北広島市三島113の「クラークカントリークラブ中・西コース」で記念ゴルフ大会を開催する。集合時間は午前6時45分、7時14分スタート。参加費5000円、プレー費1万6000円(食事付)。
 
なお、29日午後1時から2時20分まで2階「パールルーム」で北海道印刷工業組合の令和2年度通常総会が開かれる。
 
 

PAGE TOP