2015年06月15日

誠伸商事(福田和也社長)はメディアテクノロジージャパンの協力を得て7月1日、東京・越中島のメディアテクノロジージャパン ホワイトカンバスMON-NAKAで「SEISHIN EQUIOS 説明会」を開き、SCREENの最新のユニバーサルワークフロー「EQUIOS」関連のトレンドを、4月にリリースされたVer.4の新機能を中心に説明する。開催は、①午前10時から正午まで、②午後1時から3時まで、③3時半から5時半までの3回。

 

次のようなポイントが焦点になる。
新登場「レイアウトディレクター」。大貼り作業もEQUIOSでOK▽入稿から出力までの工程を完全一元管理▽最新RIPコアで安定した出力結果を提供▽データ処理のパフォーマンスが大幅に向上▽上位システム連携のバリエーションをさらに強化▽「印刷管太郎」からCSVテキストを利用した自動化

 

 

タグ:

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP