2020年03月19日

ハイデルベルグ社はB1判枚葉デジタルインクジェット印刷機「Primefire106(プライムファイア106)」および大判サイズ(VLF)の枚葉オフセット印刷機について、年内中に生産を中止すると発表した。

 

同社では収益性が高い事業に焦点を当てることによって財務状況の改善を目指す方針を示しており、これらの生産中止はその取り組みの一環となる。

 

VLFの生産中止に関しては、もともと市場規模が小さく、かつ市場規模の成長が見られないことから、この分野をビジネスとして継続する上での負担が大きいという判断をしている。

また、プライムファイア106の生産中止に関しては、パッケージング印刷市場でデジタル印刷が広く浸透することがない状況を受け、ビジネスとして継続していけるだけの販売数を達成することができなかったことに起因している。

 

すでにこれらの印刷機を導入しているユーザーに対してのメンテナンスやサービス、スペアパーツ、印刷必需品の供給については、通常の製品がライフサイクルを終えた場合と同じように、原則として生産終了後も同社が対応・サポートしていく。

 

 

 

 

PAGE TOP