2020年03月17日

現在、世界的に流行しているCOVID-19の欧州での感染拡大の影響を受け、3月13日、drupa 2020の開催延期が主催者のメッセ・デュッセルドルフから発表されました。同展の延期に伴いdrupa 2020視察ツアーは中止します。
 
参加お申込をいただいた方々には今後の手続き等について直接、ご連絡申し上げます。
 
drupa 2021の会期は4月20日(火)~30日(金)となります。視察ツアーについては改めてご案内させていただきます。
 

 
延期についてメッセ・デュッセルドルフは、①大規模イベント開催のリスク評価においてロベルト・コッホ研究所(RKI)の方針を考慮するよう呼びかけている、ドイツ連邦政府安全対策本部の指導、②1,000人を超える規模のイベント開催は原則禁止を求めるとの3月11日付デュッセルドルフ市の発表に従うとともに、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染者数が急激に増加している状況を考慮したとしています。
 
 
関連記事:drupa2020の開催が新型コロナウイルスの感染拡大の状況を考慮して延期に 次回開催は2021年4月20~30日
 
 

PAGE TOP