2020年03月17日

共同印刷(藤森康彰社長)は、新型コロナウイルスの感染防止および拡散抑制と、従業員およびその家族をはじめとする関係者の安全確保のため、代表取締役社長を本部長とする「新型コロナウイルス対策本部」を設置し、グループ全体で以下の対応策を講じている。
 
1.勤務への配慮について

・実施可能な従業員を対象としたテレワークの推奨
・公共交通機関の混雑回避等を目的とした時差通勤の推進
・臨時休校等の影響により出社困難となった従業員への特別有給休暇の付与および休暇取得促進に向けた環境整備
 
2.事業活動について

・海外出張の原則禁止および国内出張の自粛
・外部セミナー等への参加、各種展示会等への出展・参加の原則禁止
・複数事業所から出席者が集まる集合形式での社内会議・研修の開催方式見直し(TV会議・Web会議等の活用)、もしくは中止または延期
・同社が主催するイベントの中止・延期の検討
 

3.健康管理等について

・日々の手洗い励行とアルコール消毒の推奨、マスク着用等による咳エチケットの徹底
・生産職場における検温(入場前検温もしくは出社前検温)および体調確認の義務づけ(37.5度以上の発熱があった場合は自宅待機)
・生産職場来訪者の入場前検温もしくは自己申告による体調確認
・発熱等の風邪症状や倦怠感、息苦しさ等がある場合、または家族や同居人など身近に感染者が確認された場合は、出社見合わせと医療機関の受診(感染が確認された場合は医療機関の指導に基づき対応)
・濃厚接触者となった場合は、自宅勤務や自宅待機による経過観察
 
 

PAGE TOP