2020年03月05日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)製のフルカラー3Dプリンター「3DUJ-553」が、世界最大の博物館・教育・研究複合施設である米国のスミソニアン研究所に納入・設置された。

 

3DUJ-553

3DUJ-553

フルカラー3Dプリンター「3DUJ-553」が設置されるのは、同研究所の一部であるメリーランド州ランドーヴァーのSmithsonian Exhibitsのスタジオ。

この「3DUJ-553」使用した初のプロジェクトでは、フルカラー3Dプリントでウィルスの模型を作成した。

その模型はスミソニアン国立自然史博物館で現在展示中の「アウトブレイク:つながる世界の伝染病」展で展示されており、来場者の関心を引くべくきわめて細部まで再現されている。

今後考えられるフルカラー3Dプリンターを活用したプロジェクトとしては、▽公共の体験型教育活動に使用するさまざまなオブジェクトの模型、▽視力低下や視覚障害がある来訪者のための順路案内を補助する点字マップなどの触ってわかるディスプレイ要素--など。

 

ミマキUSAのJosh Hopeシニアマネージャーは、「来場者の知的好奇心に刺激を与え、知識の普及に努めようとするスミソニアン研究所の取り組みに参加できて嬉しく思う。スミソニアン研究所はこの3Dプリンターを活用した新しいやり方で展示物を製作できるようになり、とくに模型や立体的においてすべての来訪者が展示物を楽しむことができるようになる」と述べている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP