2020年02月26日

①石鹸やアルコール消毒による手洗いやうがいの徹底②正しいマスクの着用を含む咳エチケットの徹底③感染リスクを減らす観点からのテレワークや時差通勤の積極的な活用の促進――全日本印刷工業組合連合会(臼田真人会長)は2月25日、「新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた各社対策について」を示し、参加組合員企業の協力を次のように訴えた。

 

新型コロナウイルス感染症については、各地において、感染源や感染経路が判明していない症例が増えてきています。現段階での公衆衛生上の目標は国内での感染拡大を防ぐことであり、全国都道府県に於いて事業規模及び就労人数が多く、わが国の基幹産業である印刷産業が率先して感染の機会を減らすこと、特に感染者が一度に多くの人を感染&機会を減らす為の行動を起こすことが大変重要であると考えています。

 

そのためには、貴組合員企業において、従業員による石鹸やアルコール消毒などによる手洗いやうがい、正しいマスクの着用を含む咳エチケットの徹底と、併せてテレワークや時差通勤の積極的な活用を促進することも感染症の拡大防止に資するものと考えています。

つきましては、この取組みの趣旨をご理解いただき、取組みの促進に向けてのご協力を頂きますようお願いいたします。
・石鹸やアルコール消毒による手洗いやうがいの徹底
・正しいマスクの着用を含む咳エチケットの徹底
・感染リスクを減らす観点からのテレワークや時差通勤の積極的な活用の促進

 

PAGE TOP