2020年02月26日

新型コロナウイルス感染症について国および地方自治体は感染拡大の防止に向けた取り組みを進めているが、全日本印刷工業組合連合会(臼田真人会長)は2月25日、国内の感染状況を踏まえ、3 月末日までを期間として、会議・セミナー等について原則として開催を延期または中止とすることとした。
 
傘下工組に新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けてガイドラインを示し、「現段階での公衆衛生上の目標は、国内での感染拡大を防ぐことであり、全国都道府県において事業規模および就労者数が多く、わが国の基幹産業である印刷産業が率先して感染の機会を減らすこと、特に感染者が一度に多くの人を感染させる機会を減らすための行動を起こすことが大変重要である」とし、そのためにも事業者団体として自主的にこのような措置を講じることについて理解、協力を求めた。

 

【全日本印刷工業組合連合会における会議・セミナー等、開催に関するガイドライン】

1.すでに開催が決定し、開催案内が発出されている委員会、セミナー等

①一般(組合員企業の社員を含む)の参加者を含む場合、原則中止または延期とする。
②参加者が、明らかに 20 人を超える場合は中止及び延期とする。
③参加者が 20 人以下の場合、十分な配慮の上で原則開催とする。
※十分な配慮とは、「消毒液の設置」、「咳エチケットと頻繁な手洗いの推奨」等

 

2.これから開催案内を発出する委員会、セミナー等については上記の対応を踏まえ、開催案内に「新型コロナウイルス感染症を踏まえ、発熱等の症状が見られる方は出席をお控えください」旨を付記する。

 
 

PAGE TOP