2020年02月25日

ハイデルベルグ社は、先ごろ発表した「スピードマスター」のdrupa2020ジェネレーションの世界初号機を今春、英国・エレメディアグループに納入する。

納入機は菊全寸のび判5色コーター付印刷機の「スピードマスターXL106-5+L」。

エレメディアグループではこの新台を、2017年に導入した印刷機と入れ替えで導入する。

入れ替える方の印刷機も約3年というわずかな稼働期間ながら、高効率な生産体制により累計通し枚数は2億1000万枚を記録している。

 

エレメディアグループは、欧州で稼働するハイデルベルグ製の片面印刷機の中でもっとも高い生産性を記録している会社。

平均ロットは約4000枚で平均準備時間は3.2分という稼働状態で、つねに月間に700万枚以上を1台の機械で生産している。

 

3_Elle_Media_Speedmaster_XL106

drupa2020ジェネレーションの「スピードマスターXL106-5+L」

新台となるdrupa2020ジェネレーションの「スピードマスターXL106-5+L」は、3月に搬入され、グリーティングカード部門と商業印刷用途で活用される予定。

「私たちは1年以上この投資を検討してきた。生産しているアウトプットのレベルと固定運用コストを見た時、コスト・パー・シート(用紙1枚あたりのコスト)の維持を確実にするためには、投資サイクルを短くすることが必要となる。これが今回の投資への主要な理由だ。それと同時に生産能力の増加も重要だった。インテリスタート3のおかげで、同じ人数で生産能力を増やすことができるようになる。今よりも1ジョブあたり1分間の時間削減/改善をすることで、年間で320時間も印刷機の生産時間を増やすことができ、この印刷機をさらに最大限に活かすことができる」と、エレメディアグループのジェームス・カスパート社長は新台の導入に向けた狙いと期待を表している。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP