2020年02月20日

印刷実演のようす

印刷実演のようす

リョービMHIグラフィックテクノロジー㈱(本社・広島県府中市、広川勝士社長)は2月19・20日の両日、同社東京ショールームで「RMGT2020新春ショー」を開催した。

たくさんの来場者が訪れたこのショーでは、印刷オペレーターの負担を軽減する自動運転に加え、印刷から製本までの工程をAGV(自動搬送ロボット)がつなぐ近未来の印刷工場の姿を提案。

自動化・省力化技術は人を援けるために時間と労力を費やす作業を代行し、そこで生まれた余裕をもって人は強みやノウハウを発揮する仕事にあたるという、人が中心になって機械や技術を使いこなすスマートファクトリー像を示した。

 

印刷実演ではA全判LED-UV4色印刷機「RMGT940ST-4+LED-UV」による、LED-UV即乾4色印刷を2ジョブ行った。

同印刷機にはインラインでの品質検査機能・濃度追従機能・見当調整機能を有する印刷品質管理システム「PQS-D」を搭載。

この「PQS-D」の機能を活用すると、本刷り前の調整時には、インラインカメラが印刷物のトンボをオペレータースタンドのモニター「プレスインフォメーションディスプレイ」に拡大表示されるので、オペレーターはそれを見ながら見当調整を簡単に済ませることができる。

色合わせについては、抜き取った印刷物のカラーバーをオペレーションスタンドの測色器で読み取ると、印刷機が自動的に目標濃度に合わせてインキキー調整を行い、本刷りに入ることができるところを披露した。

さらに、本刷り開始後の色調・汚れ確認から濃度調整作業などもオペレーターに代わって印刷機側で行うので、オペレーターは本刷り中に刷版のセットや用紙の準備といった次ジョブの準備作業を行うことができる。

 

DSCN6445

AGVが印刷機の排紙部からパレットを搬送

またこの印刷実演では、刷了して排紙部に棒積みされたパレットに載った印刷物を、AGV(自動搬送機)が印刷機の排紙部に入っていき、そのパレットを次工程となる断裁機まで搬送、さらに断裁工程終了後はその断裁された印刷物を中綴じ製本ラインまでAGVが搬送するフローも披露した。

印刷機から断裁機までの運搬をしたAGVは、無人パレット搬送を実現する自律走行フォーク型搬送ロボット「Nipper」。

あらかじめ走行パターンをプログラムしておくと、あとはオペレーターがタブレットなどの端末で指示を出すだけでパレット搬送を行う。

実演で自動搬送したのは印刷機の排紙部から断裁機までの1ルートのみだったが、用紙倉庫から印刷機の給紙部をはじめとした別ルートもプログラムしておくことで、1台で複数のさまざまな搬送作業に活用することもできる。

 

DSCN6446

印刷機から断裁機までの間を自動で搬送

実演会場では印刷機のほかに、資機材や周辺機器の紹介コーナーが設けられ、各種CTPおよびプレート、断裁機、中綴じ製本ライン、高感度UVインキ・洗浄剤、ブランケット、印刷品質検査、湿し水ろ過装置、マシンオイル、印刷品質検査装置などの提案も行われた。

 

併催セミナーでは、▽印刷の自動化と見える化による生産効率の向上、▽印刷ビジネスの最新動向と展望~drupa2020に向けて~、▽ラグビーから学んだリーダーシップ――を演題とした各講演も行われた。

 

 

 

 

 

 

イベント 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP