2020年02月18日

コダックは、2019年度KODAK SONORA Plate Green Leaf Awardの受賞企業52社を発表した。

今回、日本の印刷会社では千修岩井印刷㈱(本社・東京都江東区、岩井竜也社長)、錦明印刷㈱(本社・東京都千代田区、塚田司郎社長)の2社が受賞した。

 

SONORA PGLA_Generic今回で7回目を数えるKODAK SONORA Plate Green Leaf Awardは、環境にやさしく、自社事業や顧客に利益をもたらす持続可能な印刷を導入している印刷会社をコダックが表彰するもの。

受賞企業の52社は、いずれも刷版工程でのKODAK SONORAプロセスフリープレートの使用に加え、持続可能な事業への投資に継続的に取り組んでいる。

 

コダック社でプレート事業ゼネラルマネージャーを務めるロバート・プライス氏は「今年度の受賞企業はパフォーマンスの高い印刷事業を展開していくための取り組みが必要となることを実証している。競争の激化と複雑化が進む業界では、持続可能なビジネスプロセスを採用する印刷会社がますます増えている。こうした企業は、持続可能なプロセスが印刷業務における効率性の改善から事業全体の採算性の向上にいたるまで、企業の収益に実質的な影響を及ぼすと認識している」と述べている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP