2020年02月16日

㈱フジプラス(本社・大阪府大阪市北区、井戸剛社長)は2月3日から、インターネットから簡単に素早くハガキDMが注文できるWebサービス「DMステーション」内で圧着DMサービスを開始した。

 

同社では今回、新たに圧着DM加工機を導入。

光沢UVニスによる高品質な圧着加工もこれまでのDMハガキ同様に100通~5万通まで注文できる。

また、サービスには宛名印字や送料も含んでおり、DM発送の面倒な手続きもまとめて依頼できる。

さらに、圧着DMの各タイプとも、バリアブルDMサービスとの組み合わせも可能となっている。

 

「DMステーション」では下記の3タイプの圧着DMサービスをラインナップしている。

▽スタンダードな二つ折タイプの圧着ハガキ「ハガキV型圧着タイプ」

サイズは仕上がり100×148㍉(展開195×148㍉)で、用紙はマット紙かコート紙110㌔㌘のいずれかを選べる。

宛名印字と送料を含み100通で1万3000円~(税別)。

 

▽両面から開ける三つ折タイプの圧着ハガキ「ハガキZ型圧着タイプ」

サイズは仕上がり100×148㍉(展開290×148㍉)で、用紙はマット紙かコート紙90㌔㌘のいずれかを選べる。

宛名印字と送料を含み100通2万円~(税別)。

 

▽大判サイズでより多くの情報を訴求できる「A4圧着V型タイプ」

サイズは、仕上がり210×297㍉(展開414×297㍉)で、用紙はマット紙かコート紙110㌔㌘のいずれかを選べる。

宛名印字と送料を含み100通2万9000円~(税別)。

 

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP