2020年02月06日

セイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市、碓井稔社長)製の大判プリンター「SC-P7500/9500」が、国際的な製品デザイン賞「iF Design Award2020」(インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーバー主催)を受賞した。

 

SC-P9500

SC-P9500

iFデザインアワードは1953年から続く国際的なデザイン賞。

ドイツ・ハノーバーに拠点を構えるインダストリーフォーラムデザイン(iF)が65年以上にわたって革新的な工業製品デザインを選定し、現在ではもっとも権威のある賞のひとつとして国際的に認知されている。

この賞は、実用性、技量、革新度、環境への配慮、機能性、使い勝手、安全性、美しさ、ユニバーサルデザインといった多岐にわたる選定基準をクリアしたものだけに与えられるもので、今年は世界中から78人の専門家が審査を行い、56の国と地域から7298件のエントリーがあった。

 

受賞した「SC-P7500/9500」は、印刷がすぐに確認できる機内照明や色調整の邪魔にならない外観色(ニュートラルグレー)を採用するなど、プロのツールとしての高品質で機能的な外観と操作性を実現している。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP