2015年06月11日

大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、世界トップクラスのセキュリティ関連の印刷会社である英国De La Rue plc(デラルー社、本社・ハンプシャー州ベイジングストーク 社長・Philip Rogerson)とセキュリティソリューション分野で業務提携に合意した。両社は今後、新偽造防止技術を共同で開発し、全世界に展開していく。

 

DNPは1982年に世界で初めてホログラムの量産技術を確立し、87年には日本国内の競合他社に先駆けてICカードの製造・発行を開始するなど、セキュリティ製品の開発で業界をリードしてきた。近年、企業の重要情報や生活者の個人情報などを、より安心・安全に取り扱うことが強く求められている。こうした情報セキュリティのニーズに、DNPは、“モノづくり”と“ICT”の両面で、独自のセキュリティ技術を強みとした事業展開を行っている。

一方、デラルー社は、世界のトップシェアを持つ紙幣製造をはじめ、パスポートや運転免許証などのセキュリティ印刷から、紙幣カウンターやATMなどの機器まで、トータルなビジネスをグローバルに展開している、セキュリティ分野のリーディングカンパニー。

 

ICTの進展に伴ってより高度なセキュリティが求められる中、両社は、両社がそれぞれ保有するセキュリティ技術を活かし、新たな付加価値を創出し、世界のセキュリティビシネスをリードしていく。

 

今後両社は戦略的パートナーとして、以下の活動を行っていく。
DNPの高度な偽造防止技術とデラルー社のセキュリティ印刷技術を融合し、新たなセキュリティソリューションをグローバル市場に展開する。第一弾として、DNPは、リップマンホログラム、エンボスホログラムなどのセキュリティ製品をデラルー社に供給することで、海外のセキュリティ市場に参入する。
両社のセキュリティ技術を融合することで、新しいセキュリティソリューションを創出し、市場に提供していく。

 

〇デラルー社の概要 1821年設立。偽造防止印刷技術と製紙技術を活かし、紙幣やパスポート、運転免許証などセキュリティ製品を手がける。特に、紙幣については、英国をはじめとする150カ国以上で採用されるなど、世界のトップシェアを持つ。

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP