2020年01月30日

㈱金羊社(本社・東京都大田区、浅野晋作社長)は、コダックUTECOが提携して開発した軟包装対応高速インクジェットシステム「UTECO Sapphire EVO Press」の世界初号機を同社大口工場に導入し、製造体制に入った。

同社ではこの軟包装対応高速インクジェットシステムの導入により、従来のフレキソグラフィックおよびデジタル印刷事業が拡張され、コスト効率化、柔軟性の高いデジタルソリューションを活用した高速・高品質のアプリケーション製作が対応可能となった。

 

UTECO Sapphire EVO Press

UTECO Sapphire EVO Press

「UTECO Sapphire EVO Press」は、コダックのStreamインクジェットテクノロジーと環境にやさしい水性顔料インクを使用するシステムで、さまざまな紙やプラスチック・フィルム素材(PP、BOPP、PE、PETなど)にすぐれたフルカラー印刷品質を再現する輪転印刷機。

最大650㍉㍍の基材幅と最大622㍉㍍の印刷幅に対応。

生産スピードは毎分150㍍を超え、フレキシブル基材に対応した印刷機の中では最速のデジタルソリューションとなる。

さらに、パーソナルケア用顔料インクは、パーソナルケア用途で肌に触れても問題ないと証明されており、EUや米国の間接的に食品に接触する物性に関する規制要件にも準拠している。

 

販売促進および顧客とのコラボ推進を担当する、金羊社の子会社となる㈱ディー・ピー・ツー インターナショナル(本社・東京都渋谷区)の牧野泉社長は、「我々はこの印刷機によって、顧客に対して新たなデジタルコンセプトを推進する力を獲得した。これにより、新たなビジネスチャンスを創造できると期待している。包装パッケージ業界における革新的な技術を世界で初めて導入できたことを嬉しく思う。軟包材や紙の上に、環境にやさしい水性インクを使ってデジタル方式で印刷できるという柔軟性を手に入れたことで、当社グループは今後、顧客であるブランドオーナーに独創的なソリューションを新たに提供できるようになる」と述べている。

 

また、イーストマン・コダック社のRandy Vandagriffデジタル印刷グループ部門担当社長は、「金羊社での試運転が正常に完了したことで、我々のStreamインクジェットテクノロジーが高性能・高品質なフルカラーデジタルソリューションとして、軟包材印刷で求められている市場の要件を十分に満たしていることが証明された。このソリューションを活用することで印刷準備時間をとても短くすることができ、無駄も最小限に抑えられるようになる」と述べている。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP