2020年01月20日

キヤノンマーケティングジャパン㈱(本社・東京都港区、坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ㈱(本社・東京都港区、井崎孝社長)は1月下旬から、64インチ対応UV硬化型大判プリンター「Colorado1650」を発売する。

 

Colorado1650

Colorado1650

サイン&ディスプレイ市場が主な対象となる「Colorado1650」は64インチ(約1.6㍍)幅でロールtoロールプリンターの新製品で、1台でグロス/マット仕上げを可能にする「FLXfinish」を搭載するモデル。

新開発の「FLXfinish」テクノロジーは、インク硬化タイミングを制御することでグロス調とマット調の2つのモードの印刷を1台で可能としている。

 

また、エコソルベントの広い色域、ラテックスの無臭などの環境性能、UVの高生産性といった長所をあわせ持つ「UVgel」テクノロジーは、グロス調の最高速モードで毎時159平方㍍、高品質モードで毎時40平方㍍、マット調では最高速モードで毎時46平方㍍、クオリティーモードで毎時27平方㍍を実現。

低温でのLED硬化により熱に弱いとされるフィルムや糊付き塩化ビニル、壁紙などへの出力に加え、従来のインクより柔軟性を185%向上させたことにより、さらに多彩なメディアにも対応する。

エコソルベントやラテックスプリンターに比べて最大40%のインク使用量の削減も実現している。

 

 

 

 

 

PAGE TOP