2019年12月17日

㈱日本HP(本社・東京都江東区、岡隆史社長)は、「HP Indigo7900デジタル印刷機」に対応する特色インキ「HP Indigoエレクトロインキシルバー」の販売を開始する。

 

「HP Indigoエレクトロインキシルバー」により、ワンパス印刷によるシルバーカラー印刷ができるようになり、メタリックカラーを使用した高付加価値デザインを可能になる。

これによりビジネス機会の拡大が図れるとともに、これまでの金属系素材からの置き換えが可能になりメディアコストの削減にもつながる。

 

圧着ハガキ/DM制作サービスでこの「HP Indigoエレクトロインキシルバー」を採用した㈱マージネット(本社・和歌山県西牟婁郡)の池田朗社長は「ダイレクトメールにおいて高い訴求効果を発揮する圧着ハガキの製造を手掛ける当社では、より訴求効果の高いシルバーインキを使用することで他社製品と差別化を図るとともに顧客の期待値を超える商品開発を進めていく。また、通常のカラー印刷に加えて違いが一目でわかるシルバーインキは、ダイレクトメールのみならず名刺や装丁、パンフレットなど、さまざまなアイテムへ気軽に効果的なアクセントを追加できると期待している」と述べている。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP