2019年12月17日

エプソンは2020年1月中旬から、サイン&ディスプレイ向けエコソルベントインク搭載大判インクジェットプリンターの新製品として、インクパックを採用した10色インク搭載「SC-S80650L」および4色インク搭載「SC-S60650L」の2モデルを発売する。

また、現行モデル「SC-S80650」「SC-S60650」「SC-S40650」と測色器がセットになったモデルも同日に発売する。

 

SC-S80650L

SC-S80650L

今回の新製品「SC-S80650L」「SC-S60650L」は、大量印刷時のインクカートリッジの交換の手間を省きたいというユーザーからの声に応えたもので、新たにインクパックを採用。

インクパックは、現行モデルで採用しているインクカートリッジの2倍以上となるインク容量を実現。大量印刷におけるインク交換頻度を減らし、生産性向上に寄与する。

 

また、「SC-S80650」「SC-S60650」「SC-S40650」と測色器(E02BAS)がセットになったモデルも新たにラインナップ。

コーポレートカラーなどの指定色との色合わせについても、同社純正RIPと測色器による簡単色合わせによって誰でもできるようになる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP