2019年11月26日

㈱リコー(本社・東京都大田区、山下良則社長)は、カラープロダクションプリンター「RICOH Pro C9210/C9200」および「RICOH Pro C7210S/C7200S」の新たなオプションとして、後処理生産性の向上やより多彩な印刷・製本ニーズに対応できるものをラインナップし、11月28日から発売開始する。

また、新たに発売するカラーコントローラーにより、自動キャリブレーションの不定形用紙サイズへの対応を実現するほか、「RICOH Pro C7210S/C7200S」ではスペシャルカラーの濃度補正機能に対応して高付加価値な印刷物をより効率的かつ高品質に制作することが可能となる。

 

新発売するカラーコントローラーの1つ、「カラーコントローラーE-46」は「RICOH Pro C9210/C9200」に対応する外付けタイプのカラープリントコントローラーで、「カラーコントローラーE-45」の後継オプション。

自動キャリブレーション機能がA4サイズ以上~330.2×487.7㍉までの不定形サイズで使用可能になった。

また、「カラーコントローラーE-46A」は「RICOH Pro C7210S/C7200S」に対応する外付けタイプのカラープリントコントローラーで、「カラーコントローラーE-45A」の後継オプション。

自動キャリブレーション機能がA4横以上~330.2×487.7㍉までの不定形サイズで使用可能になったほか、スペシャルカラー使用時にスペシャルカラーの濃度補正機能に新たに対応している。

 

この新カラーコントローラー装着時に、下記のオプションの装着が新たに可能となる。

▽「4500枚フィニッシャーSR5110」=スタック枚数合計4500枚(A4横)のフィニッシャー。2段のシフトトレイを搭載し、リミットレス排紙や最大100枚の4ポジションステープルが可能。

▽「3500枚フィニッシャーSR5120」=スタック枚数合計3500枚(A4横)のフィニッシャー。2段のシフトトレイを搭載し、リミットレス排紙や最大100枚の4ポジションステープルが可能。中綴じステープルにも対応し、最大で30枚の中綴じ製本も可能。

▽「リコー2穴パンチユニットPU5030」=4500枚フィニッシャーSR5110および3500枚フィニッシャーSR5120用の2穴パンチユニット。

▽「リコートリマーTR5050」=3500枚フィニッシャーSR5120用の小口断裁ユニット。

▽「インサートフィーダーCI5040」=表紙/裏表紙、合紙挿入用フィーダー。コート紙の連続給紙が可能。

▽「インサートフィーダー重送検知タイプS11」= インサートフィーダーCI5040で重送検知を可能にするオプション。

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP