2019年11月23日

人工知能(AI)による採点結果を受け取ることができ、小学生が理解度に応じて楽しく英語を勉強できる教育機関向けの英語学習アプリ「ひとり英会話 for School」にモリサワの「UDデジタル教科書体 欧文」が採用された。「UDデジタル教科書体 欧文」のデザイン性や高い可読性、視認性が評価され、アプリ内の英単語や文章を表記するフォントとして使用されることになった。

 

アプリ「ひとり英会話 for School」内の英単語・文章などにUDデジタル教科書体 欧文を使用

アプリ「ひとり英会話 for School」内の英単語・文章などにUDデジタル教科書体 欧文を使用

 

「ひとり英会話 for School」は、サインウェーブが提供する教育機関向けの英会話学習アプリ(iOS/Android)で、自分の順位がランキング形式で目に見えるため学習へのモチベーションが維持向上でき、全国各地の小学校、学習塾などでの導入が広がっている。

 

「UDデジタル教科書体 欧文」は、文部科学省の英語教材の字形に準拠し、現場の先生や出版社からの要望を反映して開発しているため、ICT教育の現場にも効果が期待できるユニバーサルデザインフォントである。文字の形状を保ちつつ太さの強弱を抑えていることから、ロービジョン(弱視)やディスレクシア(読み書き障害)の人にも配慮したデザインが特徴。読みやすさのエビデンスも取得しているという。

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP