2019年11月21日

昭和24年4月に東京印刷工業協同組合の創立総会から起算して、今年で70年を迎えた東京都印刷工業組合(臼田真人理事長)は、創立70周年記念事業の一環として11月22日午前11時から正午まで東京・中央区の築地本願寺で合同慰霊祭を執り行う。合同慰霊祭には約200人が参加を予定しており、印刷業界の発展に貢献された多くの物故者の御霊を慰める。

 

合同慰霊祭は、平成2年9月に「東京の印刷組合設立百年」で執り行った「物故者慰霊祭」以来、約30年ぶりの開催。対象者は平成2年7月1日から令和元年10月31日までの間に亡くなられた1145柱の御霊を慰める。

 
 

PAGE TOP