2019年11月13日

課題を解決するヒントを得た

課題を解決するヒントを得た

 

東京都印刷工業組合・ダイバーシティ推進委員会(小野綾子委員長)は10月31日、東京・新富の日本印刷会館で「女性活躍推進セミナー~女性が活躍する組織をつくるためにリーダーが知っておくこと~」を開催した。
冒頭、小野委員長が「ダイバーシティ推進委員会は今年で4年目を迎える。今期はインクルージョンをテーマに、個々の考え方、ライフスタイルに合わせた人材の活用ということで、研究を重ねてきた。会社の中で女性を活躍させたい、どうやって女性のモチベーションを上げていくか、日々悩まれている人事担当者、経営者の方がいらっしゃる。今日はそのような方に課題を解決するヒントを得てもらい、自社で活用していただけたら幸いである」とあいさつした。
講師には、池内ひろ美氏(家族問題評論家・よしもとクリエイティブエージェンシー所属)が登壇した。
池内氏は、男女の脳の構造の違いを知る、女性が望む支援とは、失敗しないマネジメントなどを巧みな話術で解説した。人間の肉体的欠陥をネタにして笑いを取る場面もあったが、終始持論を展開して終了した。質疑応答でも活発なやりとりがあった。
最後に武智美樹副委員長が「今日の話は組織の中だけではなく、家庭、日常生活の中でも参考になることがあったかと思う。日々の生活の中で反映させてもらいたい」述べ終了した。

 

ダイバーシティ推進委員会のメンバー。左から5人目が小野委員長、7人目が池内氏、右から4人目が武智副委員長

ダイバーシティ推進委員会のメンバー。左から5人目が小野委員長、7人目が池内氏、右から4人目が武智副委員長

このセミナーは「団体別採用力スパイラルアップ事業」の支援メニューで、東京都印刷工業組合とマンパワーグループ㈱が、東京しごと財団から受託し実施している。事業の支援メニュー集合研修であり、受講料は無料。

PAGE TOP