2019年10月31日

第71回全国カレンダー展(主催・日本印刷産業連合会/フジサンケイビジネスアイ)は、このほど作品の募集を開始した。応募締切は11月26日。
 

全国カレンダー展は、「企業の文化的メッセージを伝えるコミュニケーション手段」「人々の生活空間に潤いを与える印刷媒体」といわれるカレンダーの印刷技術や企画・デザイン力あるいは機能性や実用性に優れた作品を顕彰する、日印産連が主催する4大コンクールの一つ。
 

対象作品は、2020年用として実用に供されるカレンダーで、日本の印刷会社が受注、または印刷したもの。デジタル印刷、インクジェット印刷など、印刷方式は問わない。
 

募集部門は①第1部門=BtoB向け企業カレンダー(企業・団体に配布するカレンダー)②第2部門=BtoC向け企業カレンダー(一般消費者に配布するカレンダー)③第3部門=出版・小売販売・既成カレンダー――の3部門。
 

出品料は、1冊1万4000円(税別)。主催者ホームページ「出品者・作品登録フォーム」にアクセスして出品者および作品の登録が必要。
 

授与賞は▽経済産業大臣賞▽文部科学大臣賞▽経済産業省商務情報政策局長賞▽国立印刷局理事長賞▽日本商工会議所会頭賞▽日本製紙連合会賞▽日本マーケティング協会賞▽全国中小企業団体中央会会長賞▽日本印刷産業連合会会長賞▽フジサンケイビジネスアイ賞▽審査員特別賞▽部門賞金賞▽部門賞銀賞▽実行委員会奨励賞。
 

審査結果は、審査会(12月上旬)終了後、入賞作品についてのみ担当者に連絡する。入賞作品の公式発表は日印産連ホームページで後日行う。表彰パーティは2020年1月20日に東京都千代田区大手町1の7の2の東京サンケイプラザで、第61回全国カタログ展と合同で開催する。
 

展示会は東京会場が2020年1月20日から24日まで東京サンケイビルB1F、B2Fブリックギャラリー、大阪会場が1月28日から2月6日まで平和紙業ペーパーボイス大阪(大阪府大阪市中央区南船場2の3の23)で開催する。両会場とも入賞作品のみ展示し、入選と実行委員会奨励賞の展示は行わない。
 

第71回全国カレンダー展には経済産業省、文部科学省、国立印刷局、日本商工会議所、日本製紙連合会、日本マーケティング協会、全国中小企業団体中央会が後援、全国カレンダー出版協同組合連合会が協賛している。
 

問合先=㈱サンケイアイ営業企画局内「第71回全国カレンダー展」事務局(東京都港区芝浦4の9の25芝浦スクエア3F)、電話03・5443・7760

PAGE TOP