2015年04月25日

富士フイルム㈱(中嶋成博社長)はこのほど、新たにパッケージ印刷分野向けのインクジェットソリューションとして、軟包装印刷用「低臭気UVインクジェット技術」を新開発し、実用化を開始した。従来UVインクの課題とされてきた「インク臭気」を大幅に低減した。

 

同社は、これまで培ったインク開発技術、画像形成技術を生かし、食品関係をはじめとする軟包装分野向けに、新たな低臭気UVインクジェットインクによる画像形成技術を確立。アライアンスパートナーである㈱ミヤコシ(宮腰亨社長)との協業により、同技術をインクジェット印刷機に搭載し、高品質と高生産性を両立する「低臭気UVインクジェット技術」として世界に先駆け実用化に成功した。

 

新開発「低臭気UVインクジェット技術」は、富士フイルムが新開発したUVインクと、軟包装フィルムの表面を窒素で満たしUV照射する独自の窒素パージ技術により、大幅な低臭気化を実現するとともに、軟包装用デジタル印刷機への搭載時に毎分50㍍という高生産性を可能にした。
富士フイルム独自の高度な「下塗り技術」により、フィルム基材上での着弾滴の濡れ広がりをコントロールすることで、ニジミを抑え、グラビア印刷に匹敵する高濃度と、高い文字・画像品質を実現した。

 

「低臭気UVインクジェット技術」は、実用化の第一弾として、富士特殊紙業(杉山仁朗社長)のデジタル・グラビアハイブリッド方式の印刷ユニット「FUJIMO(フジモ)」に搭載された。
FUJIMOは、富士特殊紙業が、富士フイルム・ミヤコシ共同開発のインクジェットデジタル印刷ユニットと、㈱オリエント総業(原田等社長)の水性グラビア塗布ユニットとを組み合わせることで実用化したシステム。
CMYKのインクジェット印刷ユニットに、水性グラビア印刷の白インクユニットをインライン接続することで、インクジェット印刷ならではの「小ロット・短納期対応」のメリットを生かしながら、印刷面積の広い白インクに従来のグラビア材料を使用することで、低ランニングコストでの運用を実現した。
富士特殊紙業は、今回の実用化に向けて、富士フイルム・ミヤコシの製品評価に協力してきたが、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「平成25年度イノベーション実用化ベンチャー支援事業」の認定を受け、富士フイルム・ミヤコシ・オリエント総業とのコラボレイティブ・イノベーションとしてこのプロジェクトを推進し、3社とのパートナー関係をいっそう強化している。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP