2019年10月16日

コダックジャパン(本社・東京都品川区、藤原浩社長)では11月1日から「KODAK SONORA CX2」を発売開始する。

この「KODAK SONORA CX2」は、省電力UV印刷への対応を実現した商業印刷向け完全無処理CTPプレート「KODAK SONORA CX」の性能をさらに高めた新製品。

現行製品と比較して、UV印刷における耐刷性を50%、耐傷性および視認性を20%向上させている。

10月16日、同社会議室で記者会見を開催し、その詳細について説明した。

 

藤原社長

藤原社長

会見の冒頭、あいさつに立った同社の藤原社長は「4年余前に国内で初めて“KODAK SONORA”を発表して以来、継続的に開発を進めており、ここでまた大きな製品改良を果たして発表できる運びとなった。我々は全世界で完全無処理CTPプレートのマーケットリーダーとなっており、世界でも日本国内でも当社が出荷するCTPプレートの3割超を占めるまでに普及が進んだ。今回は主に、UV印刷における耐刷性、視認性、耐傷性の3点が向上し、現行製品にもまして使い勝手の良い製品となっている。現行製品でも印刷市場におけるすべての仕事の8割程度には対応できると言われていたが、今回の新製品では先に述べた3点の改良以外にもさまざまな印刷資材や印刷条件への対応幅も大きく広がったことから、9割超の仕事をカバーできるとみている。これまでは採用が少なかったパッケージ印刷分野へも、この新製品をもって本格参入し、拡販できるものと考えている」と述べた。

 

完全無処理CTPプレートの「KODAK SONORA」シリーズは、コダックジャパンの群馬事業所の研究開発部門で開発され、平成27年6月に日本市場向けに最適化した製品として販売が開始された。

以降、国内では全47都道府県・550社超のユーザーで使用され、同社のCTPプレート出荷量の約3分の1を占めるまでに普及・浸透している。

 

 

その最新バージョンとなる「KODAK SONORA CX2」では主に、▽UV印刷における耐刷性が50%アップ、▽耐傷性が20%アップ、▽視認性が20%アップ--という3点の改良がなされている。

 

CX2改良ポイント【UV印刷における耐刷性】

「KODAK SONORA CX」ユーザーからの「よりロングランの仕事でも使えるような耐刷性がほしい」という声に応える形の改良となった。

「KODAK SONORA CX」は、耐刷性と耐傷性を向上されるために2重の陽極酸化被膜層を採用しているが、今回の製品改良では露光部の反応効率を大きく高める重合性化合物を新たに採用し、光硬化システムを最適化したことでUV印刷における耐刷性が50%向上した。

この耐刷性向上により、「KODAK SONORA CX」は省電力UV印刷で5万枚の耐刷性だったが、「KODAK SONORA CX2」の基本仕様ではUV印刷で7万枚という耐刷性能を実現。

市場でのテスト結果では、現行製品と比べて耐刷性が4倍にまで向上したという例もある。

また油性印刷においては、現行製品と同様、有処理版と同等以上の耐刷性を有している。

 

【耐傷性】

印刷現場でプレートを取り扱うオペレーターからの「傷が入らないように気を遣わないといけない」という声に応える形の改良となった。

すぐれた耐傷性を持つ「KODAK SONORA CX」の基板はそのまま継続採用しながらも、感光層の塗膜強度をアップさせることにより、耐傷性を20%向上させている。

ダイヤモンド針でだんだんと重い荷重をかけてスクラッチをするテストをした結果、「KODAK SONORA CX2」は有処理版と同じ荷重の段階で傷が入ったことから、有処理版とほぼ同等レベルの耐傷性なことが確認され、より安心して印刷作業を行えるものとなっている。

 

視認性が現行製品比で20%向上

視認性が現行製品比で20%向上

【視認性】

発色システムはこれまでのままに、それをファインチューニングすることにより、視認性をこれまでよりもさらに20%向上させている。

また視認性の向上とあわせて、現行製品では24時間経過すると濃度が半分程度に下がるものを、「KODAK SONORA CX2」ではその濃度が落ちにくくなるような改良を加え、視認性の持続時間も向上させている。

 

 

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP