2019年10月07日

理想紙折機R-99J

理想紙折機R-99J

理想科学工業㈱(本社・東京都港区、羽山明社長)は10月16日から、「理想紙折機R-99J」の販売を開始する。

 

「理想紙折機R-99J」は、毎分最速260枚の処理速度でスピーディーに紙折りができる全自動紙折機。

カラー液晶タッチパネルを搭載し、操作性を大幅に向上。

また、オプションの超音波センサーにより重送を高い精度で検知する。

多様な用紙サイズと紙質に対応し、帳票やダイレクトメール、ポスティングチラシ、案内文書などさまざまな用途で使うことができる。

 

 

「理想紙折機R-99J」の主な特徴は次のとおり。

▽毎分最速260枚(A4縦2つ折り時)の処理スピードで紙折りができ、生産性および作業効率が大幅に向上している。

折り形▽折り形は全8種類。折り目をしっかりプレスする構造できれいに仕上がり、幅広い用途で使うことができる。

▽新搭載の4.3インチカラー液晶タッチパネルにより、直感的な操作を実現し、ユーザビリティが向上。また、「お好み画面」に使用頻度の高い機能をあらかじめ登録することができる。

▽オプションの「R-99J超音波センサーキット」を装着すれば、超音波センサーにより重送を検知できる。従来の光学センサーでは検知の難しかった厚紙や黒ベタ用紙などの検知も可能になり、安心して作業が行える。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP