2019年09月19日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は、ハイブリッド式テキスタイルインクジェットプリンター「Tx300P-1800MkⅡ」を11月中旬から販売開始する。

 

Tx300P-1800MkII

Tx300P-1800MkII

「Tx300P-1800MkⅡ」は、昇華染料インクと捺染顔料インクを同時に搭載し、ユニットの切り替えを行うことで布と紙の両方にプリントすることができるハイブリッド式テキスタイルインクジェットプリンター。

従来機種では1台で布と紙へのプリントを行うことができなかったが、「Tx300P-1800MkⅡ」は布用と紙用で搬送ユニットの切り替えが行えるので、1台で両方のメディアにプリントすることを可能としている。

 

昇華染料インクは、ポリエステル生地への染色ができ、用途はソフトサインやファッションアパレル、スポーツアパレルなどで幅広く活用されている。

また捺染顔料インクは、綿や麻、レーヨンなどのセルロース繊維への着色ができ、主にインテリアファブリックやファッションアパレルで活用されている。

従来機種では昇華染料インク(ダイレクト)と捺染顔料インクの組み合わせしかなかったが、紙メディアへのプリント対応により転写紙へプリントを行える昇華染料インク(転写)が追加になった。

これにより、インクの組み合わせは「昇華染料インク(転写)+捺染顔料インク」「昇華染料インク(ダイレクト)+捺染顔料インク」「昇華染料インク(転写)+昇華染料インク(ダイレクト)」の3タイプとなる。

なお、捺染顔料インクは受理層のある紙メディアへのプリントも可能なので、壁紙やポスターへのプリントなど、幅広い用途で使用できる。

 

その主な特徴は次のとおり。

▽手動によるユニットの切り替えをすることで布と紙の両メディアのプリントに対応。また、布と紙それぞれに最適な形で搬送経路を変えることにより、安定した高品質プリントを実現している。

▽従来機種と同様、生産性を重視して1種類のインクを搭載するか、多様な用途に対応するために2種類のインクを搭載したハイブリッド式にするかの選択ができる。

ハイブリッド式の場合のインクの組み合わせは「昇華染料インク(転写)+捺染顔料インク」「昇華染料インク(ダイレクト)+捺染顔料インク」「昇華染料インク(転写)+昇華染料インク(ダイレクト)」の3種類となる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP