2019年09月18日

今春からKODAK FLEXCELソリューションを提供する新たなサプライヤーとなったミラクロン社が、「KODAK FLEXCEL NX Ultraソリューション」が2019インターテックテクノロジーアワードを受賞したことを発表した。

 

インターテックテクノロジーアワードは、米国印刷工業会(PIA)が印刷関連のさまざまな分野における革新的な製品や技術に対して賞を授与するもの。

 

この受賞に際し、同社で最高技術責任者を務めるザキ・アリ博士は、「FLEXCEL NX Ultraソリューションでは、高性能のFLEXCEL NXプレートを製造する新たな方法をパッケージ印刷会社に提供する。新たに特許を取得した水洗いプレート製造システムを使用することで、プレートを1時間以内に準備できるだけでなく、これまで水洗いプレート製造ソリューションのボトルネックとなっていた障害や課題を取り除くこともできる」と述べている。

また審査員からは、「ミラクロンの技術に本質的に備わっている変革力が評価された。この技術は、無溶剤型フレキソプレートへの移行を実現する能力を持っている。これが起爆剤となって、水洗いフレキソプレート製造へ切り替える印刷会社が増えるだろう」という評価を受けた。

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP