2019年09月13日

リコージャパン㈱(本社・東京都港区、坂主智弘社長)では9月12日、印刷会社経営に関するさまざまな情報交換やビジネスセミナー、勉強会などの交流を通じて、相互に研鑽し、売上・利益の拡大を目指す組織「ナレッジシェアリングフォーラム」を発足した。

「ナレッジシェアリングフォーラム」の発足には37社の印刷会社の経営者が参画し、その初代会長には㈱あけぼの印刷社(本社・茨城県水戸市)の山田周社長が就任した。

リコージャパンは事務局として会員の活動を支援していく。

 

近年、少子高齢化による労働人口の減少や働き方改革が広がる中で、AIやIoT、RPAといった最新のデジタル技術を活用した生産性向上は、企業にとって大きな課題となっている。

とくに中小企業では人手不足が深刻な状況となっており、印刷業界でも印刷の前後工程を含んだワークフロー全体の効率化による生産性向上が求められている。

また、チラシやパンフレット、ダイレクトメールなどの印刷で培ってきた情報加工のノウハウを活かし、デジタル技術を活用した新たな手段で顧客の求める販売促進を総合的に支援する情報サービス業へと業態転換し、顧客企業の売上拡大や企業価値の向上に貢献する新たなビジネスモデルを構築するチャンスが広がっている。

 

ナレッジシェアリングフォーラムに参画した経営者が集い、発足式を開催した

ナレッジシェアリングフォーラムに参画した経営者が集い、発足式を開催した

そこで今回新たに発足した「ナレッジシェアリングフォーラム」では、印刷会社の経営者が主体となって交流を深め、デジタル印刷領域のみにこだわらず新たな価値を創出し、顧客価値の向上や売上・利益の拡大などについて研鑽を深めていく。

リコージャパンでは、経済産業省が中小企業・小規模事業者向けに推進する「IT導入補助金」に関して2年連続で採択数が第1位になるなど、これまでも全国の中小企業に寄り添い、ICT活用による経営課題や業務課題の解決に貢献してきた。

それを踏まえて、印刷業務の課題解決のほか、新たなビジネスの創造といった経営課題の解決にも貢献して、印刷会社の顧客の売上・利益の拡大を支援していくことを目指す。

 

 

 

 

PAGE TOP