2019年09月02日

㈱小森コーポレーションと㈱JSPIRITSは、パートナーシップ関係に基づき小森コーポレーションの工程管理システム「KP―コネクト」とJSPIRITSのMIS「PrintSapiens」との連携により、情報の一元管理を行うことでワークフローの効率化を実現する。さらには、従来の受注単位での原価管理から、印刷ジョブなどの作業単位での原価管理を行う作業性が大幅に改善されることで、印刷会社の「見える化」への取り組みを容易に進めることが可能となる。両社は、印刷ワークフロー分野に対し、強固なパートナーシップ関係を構築するにとによって、日本の印刷会社における印刷ワークフローの効率化、「見える化」を実現し、生産性の向上に貢献していく。
小森コーポレーションの「KP―コネクト プロ」は、”シンプルなスケジューラー機能”と、生産実績を”リアルタイムで見える化”する機能によって、全ての印刷工程をデジタル管理する、「工程をつなぐミドルウェア」であり、①すべての印刷機の自動稼働記録と正確な生産実績収集による原価管理②クラウド経由でどこからでも生産状況を確認/大型サイネージによるリアルタイム生産状況の見える化③シンプルな全工程スケジューラー/印刷機の自動スケジューリング④プレスオートメーションによるKOMORI製オフセット印刷機の稼動最適化――といった特徴を持っている。
また、JSPIRITSの「PrintSapiens」は、単に基幹業務を効率化するでだけではなく、印刷業務の自動化を進め、会社のリソースを有効的に活かすためのツールであり、また会社経営に必要な情報をリアルタイムに抽出する事のできるMISソフトウェア。
小森コーポレーション取締役兼常務執行役員営業統括本部長の梶田英治氏のコメント。
「従来、印刷に関連する機器の実績データを収集することは困難だったが、KP―コネクトによって、リアルタイムかつ正確なデータを取得し、MISベンダーに提供できるようになった。今回、日本最大のMISベンダーである、JSPIRITSと業務提携することで、印刷会社の生産管理の高度化、ひいては利益向上につながる強力な印刷ワークフローの構築が可能となる。JSPIRITSとのパートナーシップが、印刷業界の発展に寄与していくことを確信している。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP