2019年08月27日

エプソン販売㈱(本社・東京都新宿区、鈴村文徳社長)は、商業・産業印刷における色再現性を高めるカラーマネジメント技術「Color Control Technology」を活用した役務提供を10月1日から開始する。

 

「Color Control Technology」はプリンター導入後の色合わせプロセスにおいて、▽色予測、▽色解析、▽色変換、▽色最適化--の4つの技術を用い、短時間で高精度なカラーマネジメントを実現するもの。

今回、この「Color Control Technology」を活用して、プリンター導入時に従来から使っているプリンターの色味を再現する「プリンターカラーマッチング」、またメディアに応じた画質・発色の印刷環境 を整える「メディアプロファイル作成」の2つの役務提供を開始する。

 

プリンターカラーマッチングは、従来から使っていたプリンターの色味を、新規導入もしくはほかのエプソンプリンターで高精度に再現できるよう、同社スタッフがプリンターの設定・調整を行うもの。

プリンターの置き換えや増設時の色変動リスクを低減し、均一な色出力を可能にする。

 

メディアプロファイル作成は、屋外広告、ウィンドウディスプレイ、タペストリーなど、メディアに応じた画質・発色で印刷できるメディアプロファイルを、同社スタッフが作成するもの。

これにより、各種メディアで均一な画質・発色を再現できる。

 

対象機種はエコソルベントインク搭載大判プリンター「SC-S80650/60650/40650」で、そのほかの製品については準備ができ次第、順次対応予定。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP