2019年08月21日

㈱日本HP(本社・東京都江東区、岡隆史社長)は、HPサーマルインクジェットテクノロジーとテキスタイル業界標準の色材を組み合わせた昇華型デジタルテキスタイルプリンター「HP Stitch Sプリンター」シリーズを発表した。

この新製品は、昇華型デジタルテキスタイルプリンターでは初めて分光測光器を本体に内蔵することで高速かつ正確なカラーマッチングを実現し、印刷プロセスの簡素化を実現している。

「HP Stitch S300プリンター(1.6㍍)」「HP Stitch S500プリンター(1.6㍍)」「HP Stitch S1000プリンター(3.2㍍)」の3機種をラインアップし、8月29日から販売を開始する。

 

「HP Stitch S300プリンター」は初めて昇華プリンターを使用するプロフェッショナル、プロトタイプ制作部門、印刷事業者向けに、「HP Stitch S500プリンター」はより大量プリントを行う環境に適している。

また、「HP Stitch S1000プリンター」は中規模以上のテキスタイル印刷事業者向きで、バックライトやフロントライトを含むソフトサイネージやカーテン、椅子、ソファの張地といった室内装飾などのテキスタイル印刷で高い生産性を実現する。

完全自動化されたメンテナンス機能も搭載しているので、イメージ品質の均一化が図られ、オペレーター1人でも、効率良く容易にメディアローディングとアンローディングを行える。

 

 

「HP Stitch Sプリンター」の主な特徴は次のとおり。

HP Stitch S1000プリンター

HP Stitch S1000プリンター

▽プリントエリアでインクを乾燥させるので、ファブリック素材に直接プリントする高濃度のイメージでもシャープにプリントできる。また、「HPスマートノズル補完システム」により、信頼性の高いイメージ品質を実現する。

▽1200dpiのサーマルインクジェットプリントヘッドにより、深みのある黒や鮮やかな色彩を再現する。

▽「HPスマートカラーツール」によりプリンター間で色の一貫性を保てるため、同一のプリントジョブを複数台で実行できる。

▽高生産性モードで短納期や季節的な需要増に対応し、最大生産速度毎時220平方㍍、バックライト用素材では最大毎時130平方㍍で印刷する。

▽10㍑の大容量インクタンクと最大300㌔㌘の大型ロールにより、夜間など長時間の無人印刷にも対応する。

 

 

 

 

 

PAGE TOP