2019年08月07日

コダックジャパン(本社・東京都品川区、藤原浩社長)は8月6日、㈱ダイサン(本社・栃木県さくら市押上755の1、齋藤慎一社長)で「SONORAによる完全無処理工程 工場見学会」を開催した。

約100人の来場者が集まったこの会では、B2オフ輪、H-UV印刷機、油性両面印刷機などをラインナップする栃木県内屈指の総合印刷会社のダイサンで全面採用されている完全無処理版「KODAK SONORA CX」の使用状況を紹介するとともに、ワークフローシステムやCTPの稼働・運用状況も披露した。

 

藤原社長

藤原社長

会の冒頭、あいさつに立ったコダックジャパンの藤原社長は「いまや、日本でも世界でも無処理版の普及が進み、世界ではコダックが出荷するプレートの2割以上が無処理版となっている。また日本では、500社超の印刷会社で使われ、出荷量の約3割を無処理版が占めており、すごい勢いで無処理版への転換が図られている。印刷業界では環境配慮と利益確保を同時に追求しないといけない厳しい状況にあるが、この“KODAK SONORAプロセスフリープレート”は、その双方を両立するものとなる。印刷現場では最終品質まで責任を持たなければならないので、版を変えることについて慎重になりがちだが、実際に“SONORA”を使ってみるとその性能やメリットをわかってもらえるケースが多い。まだ無処理版について疑問を持ってきている人は、ぜひ今回の見学会で体感・評価してもらいたい」と述べた。

 

また、ダイサンの齋藤社長は「印刷メディアが減少・縮小傾向にあると言われるが、実際に身の回りを見渡せば、チラシも冊子もパンフレットもまだまだ活用されている。厳しい状況ではあるが、その中で生き残るにはどうするべきかを考え、完全無処理版やCTP、印刷機などを新しいものへと更新しながら、つねに良い印刷物を作っていこうと考えている。ただ、きれいな印刷製品を作るには、印刷現場もきれいでなければならないと思う。完全無処理版の採用もその一環となる。当社は今年で創業45周年を迎えるが、これからも良い印刷物を作り続けていくという思いで臨んでいく」と語った。

 

斎藤社長

斎藤社長

ダイサンでは、㈱小森コーポレーション製のB2判オフ輪2台、菊全判両面専用油性8色機、菊全判H-UV4色機、菊半裁H-UV4色機、リョービMHIグラフィックテクノロジー㈱製の菊四裁4色機とA3判単色機2台の計8台、サイズも仕様もさまざまな印刷機が稼働し、工場全体で日産最大150万枚に対応している。

デザイン・制作から印刷、製本・加工、配送までの一貫生産体制を敷き、顧客ニーズに素早く対応できることも特徴としている。

 

ダイサンが完全無処理版「KODAK SONORAプロセスフリープレート」を採用したのは平成27年9月で、かなり早い時期からの採用だった。

テスト段階で、オフ輪でも枚葉印刷機(H-UV、油性とも)でも、印刷の仕様や手順、また諸材料はなにも変えることなく印刷したところ、品質も刷り出し損紙数も変わらなかったことからすぐに本採用へと進めていったという。

翌年6月にはCTPを2台体制へと増設するとともに自動現像機を完全撤廃して、全面的に「SONORA」へと移行。

ダイサンの伊藤也寸志工場長は、「本格導入からこれまで、大きなトラブルは一切ない。耐刷性については、オフ輪では安全性を考慮して早目に35万ショットで版を交換している。枚葉印刷機では大ロットの仕事でも6~7万枚位なので問題なく刷了までいける」という評価を明かしてくれた。

 

工場見学では、オフ輪工場での実稼働状況、菊全判H-UV4色機でのデモンストレーション印刷、刷版室での「SONORA」の出力などが披露された。

実運用法については、出力後の版面にキズが入らないように1枚ごとに合紙を挟んで運搬すること、視認性に劣ると言われているものの実際に使ってみるとすぐに慣れることなどが紹介された。

またコスト面については、現像液の購入費や廃液処分費用、メンテナンス費用などがなくなったことで、年間で300~350万円の削減につながっていることが明かされた。

さらに、現像処理による網点品質の変動がないことから、網点が正確かつきれいに再現されるので高精細印刷に適していることも紹介され、ダイサンではオフ輪では300線、枚葉印刷機では350線での印刷に成功しており、将来的には500線で印刷することを目標にしていることも紹介された。

 

MAGNUS Q800(右)およびTRENDSETTER Q800(左)でのSONORAの出力実演

MAGNUS Q800(右)およびTRENDSETTER Q800(左)でのSONORAの出力実演のようす

H-UV4色印刷機での印刷実演デモンストレーションのようす

H-UV4色印刷機での印刷実演デモンストレーションのようす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP