2019年06月28日

日本印刷産業連合会は、6月13日開催の第54回グリーンプリンティング(GP)認定委員会で、新規3工場と更新28工場、合わせて31工場を認定した。この結果、GP認定工場は全399工場となった。また、同認定委員会で、GP資機材の認定を実施し、4社8製品(洗浄剤3製品、インクジェット・液体トナー型デジタル印刷機1製品、ドライトナー型デジタル印刷機4製品)を認定した。これで、認定登録製品は680製品となった。
新規3工場のGP認定工場認定式は、7月25日午後2時から日本印刷会館2階大会議室で開催する第39回GP工場交流会で行う。新規認定工場の認定日は2019年6月13日、認定有効期限は2022年6月30日。
■新規認定工場
〈オフセット印刷部門〉
瞬報社写真印刷㈱本社・工場(山口県下関市)▽アロー印刷㈱本社(山口県下関市)▽アロー印刷㈱東京支店(東京都渋谷区)
 
 
 
 

【参加者募集:7月3日 日本印刷新聞 HRセミナー】『次世代経営者』『イノベーション人材』の選抜・育成をいかに実現するか 「働き方改革と人材アセスメント」に焦点

PAGE TOP