2019年06月24日

日本印刷産業連合会は、7月5日午後2時から東京・新富の日本印刷会館2階会議室で「第1部 消費税の軽減税率制度説明会」、3時から「第2部 今から始める!事業承継の進め方」セミナーを開催する。10月1日から消費税の税率が8%から10%に引き上げられると同時に、消費税の軽減税率制度が実施される。印刷業界でも経費に軽減税率対象品目があれば、仕入れを税率ごとに区分する「区分整理」を行う必要がある。
そこで、「第1部 消費税の軽減税率制度説明会」では、東京国税局消費税課の岸岡氏が①消費税軽減税率制度の概要②対応が必要な事項(請求書、帳簿、会計システムなど)③適格請求書など保存方式(インボイス方式)とは④消費税申告書の記載方式の変更点――などについて約40分説明したのち、質疑応答を行う。
参加費は日印産連会員無料で定員100人。
「第2部 今から始める!事業承継の進め方」セミナーでは、(公財)東京都中小企業振興公社事業承継担当・統括アドバイザーの近藤登喜夫氏が具体的な事例を交えながら事業承継の基礎知識、事業承継を進める上での考え方などを約40分にわたりわかりやすく説明する。さらに総合支援課事務局が東京都中小企業振興公社の事業承継、その他の支援制度(経営相談、販路拡大、助成金他)について約15分説明したのち、質疑応答を行う。
参加費は日印産連会員無料で定員100人。
聴講希望者は、日印産連ホームページ(https://www.jfpi.or.jp/topics/detail/id=4338)から申し込む。申込み締切日は6月28日。ただし、定員になり次第締め切る。

PAGE TOP