2019年06月13日

セイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市、碓井稔社長)は、デジタル捺染ビジネスのグローバル展開を加速することを目的に、デジタル捺染の前処理から印刷、後処理までの全工程の設備を備えたテキスタイル・ソリューションセンター「TSCアジア」を、長野・諏訪の富士見事業所に開設した。

 

TSCアジアの設備の一部

TSCアジアの設備の一部

この施設は、2014年にイタリアのコモ地域に設立したテキスタイル・ソリューションセンターと同じく、 デジタル捺染の研究開発を行うとともに、国内を含むアジア地域のユーザーに実際の設備を用いたサンプルワークなどを行い、デジタル捺染への取り組みを支援する役割を担う。

同社プリンティングソリューションズ事業部の久保田孝一専務執行役員は、「TSCアジアの開設によって、これまで以上に多くの顧客に向けて、デジタル捺染の導入・活用のサポートができることを嬉しく思う。我々のインクジェット技術がテキスタイル分野におけるデジタル化の進展に貢献し、これからの捺染業界においてなくてはならない存在となることを目指していく」と述べている。

 

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP