2019年06月13日

一般社団法人マーチング委員会(井上雅博理事長)は、7月12日午後1時30分から東京・中央区京橋の京橋「世界食堂」で「マーチングEXPO2019全国大会」を開催する。
 
今回は、「内閣府地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」で地方創生の持続可能な開発目標とともに邁進するのが狙いで、基調講演の講師に片山さつき内閣府特命大臣を招いて、「地方創生とSDGs」について直接話をしてもらう。同イベントには、内閣府が後援している。
 

大会当日は、午後1時から受付、1時30分に開会。1時40分から3時10分までパネルディスカッション、3時20分から4時40分までマーチング事例発表、5時から5時40分まで基調講演、6時15分から8時まで情報交換会&マーチング本出版記念祝賀会を計画している。
 

パネルディスカッションのパネリストは大川哲郎大川印刷社長、舘川浩杜陵高速印刷社長、風かおるSDGs公認ファシリテーター、利根川英二マーチングアカデミー塾長。井上理事長がファシリテーターを務める。
 

マーチング事例発表は、台東マーチング委員会、DNP&さぬきマーチング夷隅鉄道の事例、くまもとマーチング委員会、港区連合マーチング委員会の4つの事例を紹介。
 
基調講演は「地方創生とSDGs~官民連携でマーチング委員会に期待する『コトづくり』」のテーマで内閣府特命担当大臣・参議院議員の片山さつき氏が講演する。講演終了後、片山大臣と記念撮影を行う。
 

情報交換会&マーチング本出版記念祝賀会の参加費は会員が6000円、一般が1万円。
問合先 マーチング委員会本部・事務局、電話03・3811・1440
 
 
 

【参加者募集】日本印刷新聞 HRセミナー、7月3日「働き方改革と人材アセスメント」に焦点

PAGE TOP