2019年06月06日

EIZO㈱(本社・石川県白山市、実盛祥隆社長)は6月6日から、モニター画面と写真プリントを簡単に色合わせできる無償ソフト「Quick Color Match」をVer.2.1.4にバージョンアップし、提供を開始する。

 

モニター画面と写真プリントの色を合わせるためには、モニターの調整だけではなくレタッチソフト、プリンターを適切な手順で正しく設定する必要がある。

そこで「Quick Color Match」はこの煩雑な手順を簡略化するもので、同社製カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge」の専用ソフトとなる。

 

今回のバージョンアップでは大豐和紙工業㈱の協力のもと、新たに伊勢和紙ブランドの印刷用紙7種類に対応。

和紙への対応は今回が初めてで、これにより「Quick Color Match」対応プリント用紙は合計8社55種類に拡大した。

 

新たに対応した用紙は、▽雪色、▽とりのこ色、▽芭蕉、▽浄ら芭蕉、▽大直紙、▽純三椏紙、▽伊勢斐紙風祥――の7種類。滑面・粗面どちらの面でも印刷できるので、1枚で2種類の異なる質感や味わいを試すことができる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP