2019年05月31日

鍛冶川和広常務

鍛冶川和広常務

ハイデルベルグ・ジャパン㈱(本社・東京都品川区、水野秀也社長)は5月31日、B1判インクジェットデジタル印刷機「プライムファイア106」の日本1号機について、オリジナルパッケージを小ロット・短納期で製造・印刷するオンラインサービス「ハコプレ(Hacoplay)」でも知られる㈱共進ペイパー&パッケージ(本社・兵庫県神戸市、鍜治川清司社長)から受注したことを発表した。

 

共進ペイパー&パッケージでハコプレ事業部長を務める鍛治川和広常務は、「印刷テストの結果が素晴らしかった。グリーンやオレンジの色の再現は抜群で、今まで見た印刷物の中でもっとも美しい印刷物だった。1枚目から500枚目までの印刷の安定性についても、同席したオフセット印刷のオペレーターも驚いたほどだった。もうひとつ、“プライムファイア106”の特徴で我々にとって重要なのは、パントーンの95%の色領域を再現できるということだ。なぜなら、パッケージ印刷会社はたくさんの特色を使わなくてはならないからだ。A3判からB2判へと移行した時、我々はビジネスを拡大することができた。B1サイズのデジタル印刷機として群を抜く“プライムファイア106”のテクノロジーで、さらに幅広くビジネスができることを期待している」と述べた。

 

プライムファイア106

プライムファイア106

「プライムファイア106」は、drupa2016で発表されて以降、ドイツ、スイス、アメリカ、中国など、すでに世界で6台が稼働しており、今夏以降に納入予定となる共進ペイパー&パッケージは日本初号機で、世界では7台目となる。

 

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP